FC2ブログ

大会概要

※この記事は大会当日までトップに掲載されます。

◆大会概要
日時:2019年3月10日(日) 11:00~19:00 (開場:10:15)※開場時間を繰り上げました
会場:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) 会議室2 [札幌市中央区北1条西1丁目 地下鉄大通駅31番出口すぐ]
コンセプト:北海道に縁のある学生No.1決定戦
参加資格:以下の2条件を両方とも満たす方
1.大学4年生相当以下(いわゆる「abc基準」を満たす)。
2.北海道の学業期間に所属している、もしくは所属した経験がある。
※再受験生など、参加資格上の判断が難しい場合は個別にご相談ください。
定員:60名
参加費:500円
見学:不可
問題集頒布:不可

なお、本大会は同日に九州で行われる「九州学生最強位決定戦2019」と問題やルールを同一のものとして行われます(いわゆる「同時開催」)。

※参加資格の項目にある「abc基準」とは以下のものを指します。
以下のいずれかの条件を満たすこと。
(1) 2019年3月3日時点で大学or専門学校連続在学4年以下であること。
  ただし、一度社会人になった経験を持つ場合、こちらの条件は満たさないものとします。

(2) 2019年4月1日の時点で22歳以下であること。
  一度社会人になった経験があっても22歳以下であればこちらの条件を満たします。

【追記】
大会内容等について質問のある方は
メールアドレス:hokkaidoquiz2019[at]gmail.com ([at]をアットマークに変更してください)
Twitter:@kitaquiz2019
のいずれかで質問をいただければ回答可能です。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



ごあいさつ

※本記事が「下書き」状態のまま公開になっておらず、結果的に公開が遅れてしまったこと、これが参加を考える皆様にご迷惑をおかけしていたことをお詫びいたします。当時のまま下書きになっていた文言に、問題傾向についての簡単な説明を加えて公開させていただきます。

-----

はじめまして。「北海道学生最強位決定戦2019」で大会長を務めます、北海道大学5年の宮石陸(みやいし・りく)と申します。
普段は北大クイズ研究会・北海道クイズ愛好会などでクイズをしています。


このたび、私のこれまでのクイズを育んでくれた北海道、北海道学生クイズ界への感謝の気持ちを込め大会を開催することを決めました。
近年、北海道クイズ界はオープン大会の増加やクイズ研究会の勃興など、盛り上がりを見せています。そんな中で自分が学生レギュレーションを離れた今年できることは、と考えたとき、これまでたくさん一緒にクイズを楽しんできた学生レギュレーションの世代のためのクイズの場を設けることが一番良いのではないかという考えに至りました。


大会コンセプトは「北海道に縁のある学生No.1決定戦」です。参加者がクイズを楽しむことを第一に、「No.1決定戦」という文言が霞まないガチンコの企画・問題群を用意しています。
例えば4月にクイズ研究会に入会してクイズを始めた人にとっては、1年間の努力を確認することのできる場になればいいな、とも思っています。


難易度帯はいわゆる「易~普」の難易度(既存のオープン大会の名前を出させていただくと「北海道高校生オープンシリーズ」「abcシリーズ」「STUシリーズ」「新人王/早押王シリーズ」に該当するくらいでしょうか)を中心にしており、問題の長さは60~80字くらい、耳で聞いてわかることを念頭において制作しております。


皆様からのご参加をお待ちしております。

大会における注意事項

本大会のエントリーも60人に達しました。皆様、エントリーありがとうございます。
大会に関する諸注意・留意事項について当記事で説明いたします。
少々長くなりますが、参加する方は一度目を通しますようお願い申し上げます。

※大会中の詳しい注意事項につきましては当日開始前及び配布する企画書にてご説明いたします。


①大会へのエントリーは事前エントリーをお願いします。事前エントリーがない場合、大会への出場はできませんのでご注意下さい。

②やむを得ない事情で大会への参加をキャンセルされる方は、キャンセルすることが判明し次第、必ず当大会メールアドレス(hokkaidoquiz2019[at]gmail.com ([at]→@)またはTwitter:@kitaquiz2019までご連絡下さい。連絡なしの当日キャンセルといった行為は円滑な大会運営に支障をきたしますのでお止め下さい。
また、やむを得ず当日開始時間に遅れるという方は、当日その旨をメールにて必ずご連絡下さい。「当日参加する友人づてに会場で連絡する」ようなことはお控えください。

③大会の見学は会場との取り決めにより不可となっております。ご了承ください。

④同様に会場での問題集頒布も取り決めにより不可となっております。

⑤当日はペーパークイズを実施いたします。筆記用具をご持参下さい。必要なものは・解答用の黒鉛筆またはシャープペンシル、・消しゴム、・相互採点用の赤鉛筆または赤ボールペンの3 2点です。
ペーパークイズの採点は席が隣の人同士で行う予定ですので、隣の参加者が採点時に困らないよう、ボールペンでの解答はおやめください(書き直すときにぐちゃぐちゃと塗りつぶすと解答が読みづらいです)。同様にペーパークイズ終了後スタッフによる集計をスムーズに行うため、赤系統(赤・オレンジ・ピンクなど)以外の色ペンで丸付けを行うのもおやめください。
なお、会場には机がありますので、下敷き(クリップボード)は不要です。
(2/24:ペーパーの採点は相互採点形式ではなく、スタッフが一括で採点することといたします。したがって赤ペンの持参は不要です。)

⑥写真撮影及び及び録音は、私的利用に限り許可します。これらの記録媒体の後日の一般販売および誰もが広く閲覧できるインターネットへのアップロード等は原則禁止とします(写真は、被写体全員の許可が得られていれば可能とします)また、会場での機材のご使用の際は、他の参加者のご迷惑とならないようご留意下さい。動画の撮影は原則不可とします。

⑦主催者・大会実行委員会のメンバーによる写真・ビデオ撮影および録音を行うことがありますが、これらは内部資料とすることが目的であり、記録媒体の後日の一般発売およびインターネットへのアップロード等は行いません。

⑧この大会で予選上位となった方・本戦で上位進出した方などは、『新・一心精進』に原則本名で報告を行います、『新・一心精進』では、大会結果の掲載、会報への掲載などを行う可能性があります、また、主催者が作成したホームページや問題集も同様のものとして扱います、本名での結果報告を避けたい参加者の方は、大会運営にお問い合わせ下さい。

⑨当大会前日には札幌市中央区民センターにて北海道早押しクイズ選手権という大会(オープン大会の再放送・クイズイベント)が行われます。是非合わせてご参加ください。詳細はリンク先の公式ページをご覧ください。



他に何か気になる点・疑問点がありましたらお気軽に大会メールアドレスよりご連絡下さい。多くの方のエントリー、本当にありがとうございます。当日皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

ルール紹介

本記事にて、当大会における3Rまでのルールを公開いたします。

※ブログに掲載している本企画書はあくまでも「予定」であり、今後実行委員会内での検討により変更がある場合がございます。
※以下「m○n×」という文言が登場する場合、「m問正解で勝ち抜け、n問誤答で失格のシングルチャンス早押しクイズ」を表します。


1R 70問ペーパークイズ (All→45)
1問1点、70点満点のペーパークイズ。
同点の場合は連答数(1問目からの連続正解数)で順位を決定する。最初の連答数が同じ場合は、その次の問題からの連答数(第2連答)、それも同じ場合はその次(第3連答)…と評価する。全く同じ場合はエントリーの早いほうが上位となる。
上位45名は2Rに進出する。


2R 5○2×クイズ (9×5→4×5)
ペーパー上位45名を以下のように5組に組分けし、5○2×クイズを行う。各組から4人が勝ち抜け。
ただし、各組最上位(ペーパー1位~5位)は2○を持った状態、2位と3位(ペーパー6位~15位)は1○を持った状態から参加する。
限定問題数は各組30問。
限定問題数終了時に4人の勝ち抜け者が決定していない場合、[○の数の多さ]→[×の数の少なさ]→[ペーパー順位] で決定する。
1組目 1位 6位 11位 16位 21位 26位 31位 36位 41位
2組目 2位 7位 12位 17位 22位 27位 32位 37位 42位
3組目 3位 8位 13位 18位 23位 28位 33位 38位 43位
4組目 4位 9位 14位 19位 24位 29位 34位 39位 44位
5組目 5位 10位 15位 20位 25位 30位 35位 40位 45位


3R コース別クイズ (5×4→2×4)
3R参加対象者を1列に並べる。順番は[2R抜け順]→[ペーパー順位]の優先度で決定する。
1コースに対する参加者の希望人数が多かった場合列の先頭側が優先して出場でき、希望人数が少なかった場合列の最後尾側が強制出場となる。
制限時間は各コースとも15分であり、限定問題数はない。各コース2名が勝ち抜ける。
コースα 10○10×
タイムアップ時の判定は[○の数の多さ]→[×の数の少なさ]→[1○1×サドンデス]で決定する。
コースβ 10 divide 10
参加者は10ptを持った状態から開始する。N回目の誤答でptの数値をNで除算する。小数点以下は切り捨てる。
100ptを超えたら勝ち抜け。ptが1未満になったら失格。
タイムアップ時の判定は[ptの多さ]→[1○1×サドンデス]で決定する。
コースγ Swedish10
1問正解で1○を獲得し、10○で勝ち抜け。
誤答はその時の所持○数によって得る×の数が以下のように変化し、合計10×で失格となる。
所持○数が(0、1~2、3~5、6~9)のとき、得る×の数はそれぞれ(1、2、3、4)となる
タイムアップ時の判定は[○の数の多さ]→[×の数の少なさ]→[1○1×サドンデス]で決定する。
コースδ 10 steps stair
正解すると10ptを獲得し、100ptで勝ち抜け。
誤答すると、「足踏み」状態となる。「足踏み」状態では5ptしか獲得できなく、誤答で即失格となる。
「足踏み」状態は2回の正解で解除となる。
タイムアップ時の判定は[ptの多さ]→[「足踏み」状態の有無]→[1○1×サドンデス]で決定する。


3R以降は「ここまでの敗者全員を対象とした敗者復活ラウンド(1名が復活)」「準決勝」「決勝」の3ステップを用意しております。
これらのルールは当日まで伏せ、企画書での公開といたします。

エントリー時の注意(エントリー開始日時など)

更新が滞っていて大変申し訳ありません。
本投稿ではエントリー開始日時・エントリー時に必要な項目についてご連絡します。


エントリーは「2019年1月12日(土) 20時~」といたします。
時間になるとエントリーフォームへのリンクが貼られた記事が投稿されますので、そちらからエントリーをお願いします。


エントリー時には以下の内容が必要です。
・メールアドレス
・本名
・フリガナ
・エントリーリストに記載するときの名前(空欄の場合は姓・名のイニシャル表記)
・所属教育機関
・学年
・(現在北海道の教育機関に所属していない人のみ)過去に所属していた北海道の教育機関
・(任意)意気込み


1月12日、皆様のエントリーをお待ちしております。
​2018年もあと1週間程度ですが、皆様良いお年をお迎えください。
プロフィール

北海道学生最強位決定戦2019実行委員会

Author:北海道学生最強位決定戦2019実行委員会

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR